てぃむのブログ

てぃむのブログです。まずはJGC修行から書いていきます。

海外修行~行程~

ゴールデンウィークに海外フライトを入れた修行をしてきました。

f:id:junkersbass:20180512181240j:plain

そもそも何故海外フライトを入れるかというと、ステータス達成のためのFOP(フライオンマイル)はマイルに対して国内線は2倍、国際線のアジア・オセアニア地域は1.5倍、その他長距離路線は1倍とFOPが貯まるのですが、国内線の最長である沖縄(那覇や石垣など)でも片道1000マイルくらいまでで、国際線を使う方が基本となるマイルが大幅にUPしてFOPを稼ぎやすいからです。

JALでもANAでも国際線修行する際の王道路線は、羽田-シンガポールです。最近は羽田-マレーシアも多くなっています。

私はどちらの国も行ったことが無いのでどちらでも良かったのですが、マレーシアの方が物価が安く、海外発券(*後述)も安いと思い、こちらにしました。

海外修行をする際には、国内線を入れるとマイルの目減りなく100%で積算されるのでお得とのことです。これは地方から羽田(成田)に来て国際線に乗る人のためのものでしょうが、修行僧(尼)の間では国内線最長区間那覇や石垣を入れることがセオリーとなっています。これをOKAタッチと言います。

以上、言葉での説明だと分かりづらいと思いますので、実際に私が乗ったフライトを載せます。

以下、空港は3レターコードで記載します。荷物を預けたときのタグにある空港を示す3桁のコードです。
HND:羽田
NRT:成田
OKA:沖縄(那覇)
KUL:クアラルンプール

数字は日にち。①は①日目の意味
HND-OKA、OKA-HND 【自宅泊】
②NRT-KUL、(滞在5時間。入国。KLIAExpress乗車)、KUL-NRT(翌朝7時前着) 【機内泊】
HND-OKA、OKA-HND 【自宅泊】
④NRT-KUL、(滞在5時間。入国せず)、KUL-NRT(翌朝7時前着) 【機内泊】
HND-OKA、OKA-HND

見てすぐはわからないと思いますが、KULに2往復しています。

また、日本で航空券を取るときには、現地に何泊かしないといけないという制約があるので、普通では日帰りチケットは取れません。

ではどうしたかというと…
海外発券です。

海外発券とは、海外を基点として往復のチケットを取るものです。JALのホームページで、「国」を変更するとその国を基点とするチケットが買えます。日本語で表示されるので安心です。

JMB日本地区では無くなるので、最初はマイレージクラブで予約確認ができませんが、お客様番号を入れると紐付けができるようで、数日後には日本のサイトから予約を確認したり、座席指定を変えたりできました。

では、どのようにチケットを手配したかというと…

<日本手配:沖縄発で東京経由クアラルンプールの往復>
(1)OKA-HND、NRT-KUL
(2)KUL-NRT、HND-OKA

<マレーシア手配:クアラルンプール発東京経由沖縄の往復>
(a)KUL-NRT、HND-OKA
(b)OKA-HND、NRT-KUL

<別手配:初日と最終日の東京-沖縄の往復>
HND-OKA
②OKA-HND

<マージ:組み合わせることで最短行程となる>
HND-OKA
(1)OKA-HND、NRT-KUL
(a)KUL-NRT、HND-OKA
(b)OKA-HND、NRT-KUL
(2)KUL-NRT、HND-OKA
②OKA-HND

うーん分かりづらいですね。
諸先輩方のように、表計算ソフトに起こして色分けしてから画像を貼るようにします。

(a)と(b)の間でOKAタッチするのがフルバージョンでFOPもたくさん貯まりますが、別手配となり100%は付かないのと、GW中の沖縄便は高いので止めました。普通はKULの二往復は別日に行うもののようなので、5連続は体力的にも不安でしたし。

実際やってみて、予想よりはきつく無かったです。詳しくは後で書きます。

国際線は日帰りという弾丸でしたが、沖縄に行って羽田に帰ったら自宅で寝て、次の日は成田から出発とメリハリがあったのも良かったようです。

修行第7回~OKAタッチ

修行ログを全く残していないので、タイムリーに書くようにします。続くかわかりませんが。

今日は夕方からOKAタッチ(羽田-那覇の一往復)です。

3月の流氷ツアーはマイルが付かず、その日に急遽手配したので、夏に向けてだんだん高くなる沖縄便の中でどこまで妥協できるかで便を選びました。

だから夕方出発のエコノミー席なんです。

遠距離便、前回はファーストクラスなので、エコノミーにツーランクダウンはかなり辛いなと思い、当日アップグレードを狙って朝一番で空港に行くことにしました。
前日のWebサイトでは空席無しです。

南ウィングの受付開始は5:15です北ウィングは(5:30)。
浜松町のモノレール始発が4:59なので、5:15に駅に着けます。今日は何度もモノレールに乗るので、土日祝に発売される1dayパスを買いました。

予定通りモノレールに乗り、チェックイン機を操作するものの空席は無く、キャンセル待ちとなりました。時間は5:19。

さて、次の予定は10時。暇です。一旦モノレールに乗り、ふとエコノミーの席、隣に人が来たりしたら変えようかなと思い、浜松町についてすぐに羽田へ戻り。

二回目のチェックイン機でアップグレードボタンが押せたので、訝しげながら押したらなんと座席画面が出て、2席選べる状態でした。すかさず確定させて、カードで1,000円を支払い。

ちょうど座席の解放があったんですね。ホクホクしながらも、初回に帰りの便が乗り継ぎになっててチェックインするか聞かれ、良くわからずしないでいたのが、2回目は出て来ず。係りの人に聞いたら、機材変更が入っててその間手続きが出来ない状態とのこと。

いつできるようになるかわからないしまだ時間があるので、ロビーで時間を潰すことに。

次の予定で移動する前に再度チェックイン機を通したら(心配性なので何度も確認する性分)、更に座席解放があって、非常口席が空いてました。すかさず座席変更。でもやはり復路のチェックインができず。

カウンターで聞いたら、機材変更は終わってるが小さい機体になってエコノミー全員を割り振れず、早い便への振り替えをしていて、羽田からはチェックインできず、那覇で手続きするようにとのこと。

予約しているのは最終便。もともとは一本早いのが良かったが、値段がちょっと高かったので、帰りが遅くなるが最終便にしてました。羽田で振り替え便でチェックインしてアップグレードができたらいいなと思いましたが、そこまではツイてませんでした(笑)

取り敢えず往路はclassJ確保して次の予定へ。

親から頼まれてたコンサートが今日電話先行予約だったので、10時ちょうどに劇場に掛けたらすんなり繋がり、平日昼間ということもあって3列めのセンターブロックが取れました。

で、予約してたマッサージに行って体をリフレッシュ。厳密には10時の予約で五分ほど遅刻ですが、いつもバスが遅れたりしてて5分くらいは問題ないと言ってもらってるので、電話を入れず遅刻しました。理由を話して謝りました。

マッサージ後、キャンペーンで4/15から5/31までのサクララウンジ無制限利用クーポンを貰ってるので、早めに保安検査しました。

まっすぐサクララウンジに行こうと思ったら、なにやらマスコミが集まり、パネルには「西郷どん特別塗装機就航」との文字が。

行き先は鹿児島、機体を見たら塗装されてたので写真を撮り、再度パネルの辺りに行ったら、主演の鈴木亮平さんが搭乗者一人一人にポストカード?を渡して握手してました。取材以外の写真はダメとアナウンスが入ってるので、撮ってません。

サクララウンジは羽田に限らず初めてでした。前回はサクラを飛ばしてダイヤモンドプレミアだっので(^o^;)

多少違いますが、どちらも居心地は良いです。窓際でボーッとしてたら、西郷どんの機体が普段より多くのマーシャラーに見送られ飛び立っていきました。

f:id:junkersbass:20180512154325j:plain

機内では非常口の窓側でしたが、トイレに立つのも都道府県シールを集めてると1人の方に言ったら、後ろの人も集めてたためか、他のCAの方々が1人ずつ仕事の合間に来てくださったときも、隣の人の邪魔にならずに良かったです。

着陸時に前に着席したCAさんに復路の話をしたら、到着口を出なくても乗り継ぎカウンターで確認できるとのこと。

到着して真っ先に行ったら、最終便は結局、前と同じ型に戻ったとのこと。で振り替えはなくなったそうですが、私のは羽田でエコノミーを押さえてくれていたようで、本来は先得という変更できない代わりに安く買えるチケットでも振り替えしてもらえることになりました\(^-^)/

往路搭乗中にはclassJは空きがあったのに、着いたらキャンセル待ち1名とのこと。私と同じ便だった修行僧の方々が何人も最終便のアップグレードをあたってて、10人待ちと言われてるのに比べれば、可能性が高そうでした。

最終的に、classJにアップグレードされました( ≧∀≦)ノ
少し高くて断念した便に乗れて、尚且つ往復でclassJにアップグレード!マイルも多く貯まるし、ラッキーでした。

親に頼まれたチケットといい、全体的にツイてる一日でした。


Twitterしたりブログを書いたりと、結局寝ませんでした。
昨日はソファーでうたた寝しておきたら1時過ぎ、でbedに寝て3時起き。飛行機で寝るつもり満々でしたが。マッサージで少し寝たのは良かったかも。

<まとめ-学んだこと>
①当日アップグレードは朝一だと空席が解放されておらず、キャンセル待ちになる。ある時間になると座席解放となる?

②日帰り往復を一緒に予約すると乗り継ぎ扱いで、出発時に帰りの分もチェックイン可能

③機材変更でキャパが小さくなるとエコノミーの乗客が溢れ、前の便に振り替えになる。でも振り替えが無かったことにもなりうる

④乗り継ぎ便で復路のチェックインをしていない場合、到着口から出てチェックインカウンターに行かなくても、乗り継ぎカウンターで手続きできる。修行僧たちは降りてすぐ乗り継ぎ/空席待ちカウンターで復路のアップグレードしてる。

素晴らしいサービス

Twitterに一報をしましたが、長文なのときちんと残して置きたくて、ブログに書き起こします。 4/12のお話しです。

=============================================
CAさんにはいつも良いサービスを提供していただいていますが、今日は更に神対応でした。ファーストクラスだったというのも影響しているかもしれませんが。


往路でプチJAL SHOPの冊子が席に置いてあり、食事後に見てたら声を掛けられ、リサとガスパールのが気になってると言ったら、現物をご覧になってくださいと持ってきてくれて、実際見たら欲しくなりました。

でも修行中だから荷物は復路にしたいなと、「実はすぐ羽田に戻るんです。お代は今で良いのですが、品物は帰りに」と正直に言ったら、「そうですね」と言われ(搭乗名簿でバレてる?)、「お帰りまでに準備します。お代はそのときに」と

で、復路の食事後にプレゼント包装して持ってきてくださいました!
f:id:junkersbass:20180421150655j:plain
f:id:junkersbass:20180421150753j:plain



往路でCAさんに話し掛けて、都道府県の切手風シールを三枚ゲット。

復路に席担当になったCAさんが、「宜しければ今日の乗務員のをどうぞ」と渡してくださいました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

感激してお礼を言ったら「今日は時間があったので(集められました)」とサラッと仰って。
f:id:junkersbass:20180421151820j:plain

月曜の便でトイレから帰ってきたら、ファーストクラス担当より多い枚数をテーブルに置いてチーフ?と話している人がいて、多分集めて貰ったんだろうなと思いましたが、私は流石に頼めず、ファースト担当の方のだけいただきました。

今日は修行僧と思われる方が多く、皆さんいろいろなお願いをしていて、私はあまり声を掛けられないなとちょっと遠慮してたので、本当に感激です。

同じく修行僧の年配の方で、往路で私が貰ったのを知って復路であれなんですかと聞いて貰った方も、私と同様に後にワンセットいただいてました。



周囲の方々がお酒やおつまみを貰っていて、私はお酒はもう良いけどおつまみ欲しいなと思い、でももう食べられないから「持ち帰りたい」と言ったら、なかなか持ってきて貰えずたくさん声を掛けられて忙しそうで忘れられたかなと思ってたら、またまたラッピングをいただきました!
f:id:junkersbass:20180421151100j:plain

でも、一袋にしては多い?と思ったら、「納豆と3つずつ入ってます」と。

家に帰って開けてみると、プラスアルファで、飴も入ってました。
f:id:junkersbass:20180421151151j:plain



①と③は同じCAさん。ラッピングに感激したのでおつまみも包んでくれたのでしょうね。日本の頼まれた以上のものを返すおもてなしが実践されてて、素晴らしいです。

②は別のCAさん。こちらもゲストの喜ぶことを考えてらっしゃいます。

チーフの方も細やかな気配りがあり、本当に最高のサービスでした

WAONポイントカード

f:id:junkersbass:20180401045728j:plain

イオン系は滅多に使わないのですが、マイラーとして抑えておかないといけないことがあり、いつ利用しても良いように準備してます。

まず、JALカード。これは持ってます。

次にJMB WAONカード。これも持ってます。

三つ目はWAONポイントカード。
んっ?WAONカードと何が違うの?が最初の印象です。

イオンではボーナスマイル5倍の日以外はJALカードを使うのがベストです。ここでWAONポイントカードを提示するとポイントが付きます。つまりマイルとイオン独自のポイントが二重取りできるのです。

WAONポイントはWAONカードやイオンカードの支払いではポイントが付かないが、現金や他社のクレカ、ICカードの支払いで使えます。マイルに変換できないようですが、買い物の時にポイント払いはできるようです。
ただ、JMB WAONで払うときはポイントは付きません。

先日JMB WAONカードのクレカチャージの設定にイオンに行き、JALカードWAONで買い物をしましたが、ポイントカードのことを知らず損した気分です(>_<)。

勿論カードも持ってないので、まいばすけっとに行って貰いました。試しに使おうと買うものを見ていたら、ボーナスポイントのタグが付いているものがありました。

その場の説明書きでは良くわからず帰って調べてたら、ポイントが増額され、JMB WAONで支払うとポイントの半分のマイルが付きそうです。お店では半分のマイルがお得か分からずポイントカード+JALカードで支払いましたが、JMB WAONで払った方がマイルが貯まってベターだったようです。

<まとめ>
①基本的にJMB WAONで支払い
イオンは特約店なのでこれがベストだが、まいばすけっとミニストップはどうか、要確認

JALカードを使う時はWAONポイントカードを提示

デルタ航空 ニッポン500マイルキャンペーン

ネットを見ていたら、デルタ航空で国内線の一搭乗につきスカイマイル500マイルが貰えるキャンペーンを知りました。

f:id:junkersbass:20180401040210j:plain

マイレージ会員の登録が必要で、搭乗券をファックスか郵送で送ることで、一般会員は年度内に10回まで合計5,000マイル貰えるものです。期間は31日まででした。

恐らく国内線の調査のために行っているもので、3月は小松線を十回乗っているので応募を考えながらも、搭乗券に名前が入っているのを送るのと、デルタ航空スカイチームで、日本の航空会社での使い勝手がいまいちなのが少々ネックでした。

が、世界的な会社であること、会員情報と照らし合わせなければ個人情報が知られることもない、とりあえずスカイのマイルを貯めておいて、使い方はいつか考えようと思い、応募しました。

郵送の場合は香港に送らないといけないのでパス、ファックス一択です。自宅にはファックスはないので、コンビニファックスを利用しました。

<応募方法>
デルタ航空で会員登録
・入力フォームは日本語翻訳されるが入力は英語

②応募用紙をダウンロード&印刷
・何枚か送るときは、PDFにテキストを書き込めるので入れておくと良い

③搭乗券をコピーして貼りつける
・タッチ&ゴーを利用の場合、保安検査場で出てくるご搭乗案内(座席が書いてあって、裏にコーヒーとかのクーポンが付いているもの)でOK

・応募用紙は1枚につき4件記入可。添付欄は狭いので、縮小コピーすると良い。私の場合、搭乗案内10枚を複合機に置き、A3→A4に縮小コピーして一枚ずつ切り取って貼付

④ファックスで送る
・送付先は東京03

昔はコンビニにファックスが設置されていましたが、今は複合機でできます。新卒の会社で初めて送りましたが、転職してからは誤送防止のためにファックス禁止なので、久し振りの利用です。

補足
コンビニではヤマト運輸の子会社が開発したクロネコファックスを殆どのところが採用し、送受信できます。が、セブンイレブンだけは独自のシステムを使い、受信はできないそうです。

クロネコファックスはネット上にデータを保持していつでもどこでも取り出せるようですが、ネット上にデータを残したく無かったのでセブンイレブンにしました。

セブンイレブン複合機はあまり使ったことがありませんが、nanacoで支払いができます。スマホ電子マネーを確認するアプリで照会したら残額は9円(^^;。前に公共料金を支払うのにnanacoへのクレカチャージでポイントを貯めていたのを思い出しnanacoサイトで照会したら、ポイントが3月末までの期限で47円、センター預りで160円(何故か前述の47円引かれて113円の表記も)ありました。

調べるとnanacoは特殊で、電子マネーとポイントが別管理されていて、ポイントをマネーにするにはATMやレジで「残高確認」したり、現金チャージが必要だそうです。

ポイントとセンター預りの違いは良く分かりませんが、前者はポイントとして管理されてて直ぐに使えるもので、後者はクレカチャージなどのポイントがセンターサーバーに蓄積されていて、これを引き込む?ことでポイントとなるようです。

複合機を使う前にATMと念のためレジで残高確認をし、マネーが169円になりました。

複合機では画面の指示通りに進めます。セブンの場合一度に10枚まで送れますが、1枚につき50円掛かります。

事前にネットで調べていたので操作には困りませんでしたが、「送信」した結果がエラーとなって未送信、返金があるのでレジに行くようにと出てしまい焦りました。

まずはレジで返金を受け(nanaco払いでも返金は現金)、エラーの理由が分からないと聞いたら、結果レポートが印刷されていて先方が話中のようでした。恐らく他の応募があったのでしょう。

FAX番号はもう1つあったので、そちらにしたら無事に送れました。10レグ分を3枚に纏め、送金料は150円、nanacoポイントで賄えました\(^-^)/

不備がなければ10日程でマイル加算されるようですが、駆け込み申請が多そうなので気長に待ってみます。

網走旅行

マイルは付かなかったものの、格安ツアーで十数年ぶりの流氷を見てきました。

f:id:junkersbass:20180401052625j:plain

シーズンは三月までで普通なら絶望的な日程でしたが、沖に帰ってしまった流氷がなんと前日に戻ってきたという事で、予定では二日目に見に行くのを急遽変更して、飛行機が着いて直ぐ見に行きました。

湾内には全く無く、本当にあるのか半信半疑でしたが、15分ほどで流氷帯に入りました。前に1月に見たときほどではないですが、春の日差しの中見るという不思議な感覚でした。

このツアーは平壌オリンピックに便乗したのがありありとわかる、北見のカーリングの聖地訪問も売りにしてました(笑)

カーリング体験はできませんが、カーリング場を車窓見学し、町の神社に立ち寄りました。ストーンの付いた御神籤は完売で4/10頃にならないと入らないそうです。

普通の御神籤は引けて100円を払おうとしたら、ただで良いよと言われ困惑しながらもお賽銭を増やして納めました。

御朱印張を持っていませんでしたが、記入したものと町のお店が販売しているポストカードをいただきました。300円のところ小銭がなかったので気持ちを上乗せして500円納めました。

f:id:junkersbass:20180401052359j:plain

町の神社なので観光バスが来るのに困惑してましたが、ブームに終わらさず、応援していきたいです。